ATREE

事業のご紹介 -
リモートワークソリューション ATREE

社会の急速なデジタルシフトの中、
「働き方改革」に求められること。

「デジタル活用共生社会」の1つの軸に「働き方改革」があります。
昨今では、新型コロナウイルスの流行といった大きな外的要因もあり、
企業の働き方改革は急速に進むことになりました。

2020年4月の緊急事態宣言が発出に伴い、
多くの企業がテレワークにシフトしました。
初めてビデオ会議に参加したり、
チャットで仕事のやりとりをしたり、
といった経験をした人も多かったのではないでしょうか。
否が応でも「デジタルシフトするきっかけ」を
多くの企業に与える出来事になったようにも思います。

デジタル活用共生社会の基盤イメージ デジタル活用共生社会の基盤イメージ

2021年6月時点でのテレワークの導入率はどのぐらいだと思いますか?

働いている成人男女500名に対して「テレワークを導入できているか」を調査した結果、
約70%の人が「以前と働き方は変わっていない」と回答しました。

  • 2020年4月以降と今を比較して、働き方は変わりましたか?
    (働いている成人男女500名が対象)
  • 2021年6月現在、週のうちテレワークはどれくらいですか?
    (現在テレワークをしていると回答した人が対象)
  • 今後もテレワークを続けたいですか?
    (現在テレワークをしていると回答した人が対象)
引用元:転職応援メディア「ミライのお仕事(https://jobseek.ne.jp/)」での、働く成人男女948名にテレワーク・リモートワークに関する調査より

100%テレワークができている割合は12%

企業の業務フローの中にはまだまだアナログを前提とした仕組みも多いため
「テレワークを強引に推し進める」にも随所でムリが出てくることは仕方ないと感じます。
それでも「テレワークのメリット」を実感することで
「テレワークを求める声」も無視できない割合となっています。

テレワークを望む側の人でも、「デメリットが無い」と考えている人はおらず
コミュニケーションの面で課題を感じている人が大多数を占めていました。
企業のテレワークを後押しするサービスにもさまざまなものが出てきており、
コミュニケーション課題の解決に向けたデザインの違いが見られます。
「常にビデオ通話することで繋がる」
「高機能の音声通話で繋がる」
など、人との繋がり方に違いがあります。

リモートワークをする人

ATREEならではの「見える化」で
仲間の「実在感」とやさしく繋がる。

ATREEのサービス画面イメージ

グミではテレワーク環境下においての
コミュニケーションデザインについて改めて考えました。
人との距離感はとても繊細なもの、
ほんのすこしバランスが合わないだけで
「見えた方が安心するけど、見えすぎても困る」
「すぐ話せた方が便利だけど、ずっと聴こえても困る」
といったストレスに繋がってしまいます。

ATREEでは、
自らの分身となる「3Dアバター」でバーチャルオフィスに出社します。
「3Dアバター」となった人がバーチャル上の同じ空間に集まることで
そこに「人の確かな実在感」が生まれます。
チャットアイコンや声だけではなかなか感じにくいのがこの「実在感」です。
近年VRの分野でも「プレゼンス(presence)」
といった呼称でとても重要視される感覚です。

ATREEのサービス画面イメージ

テレワークの導入を支援することで業務効率化を図り、
またオフィスから遠方での人財確保といったことも可能になります。
出社が必要な人と、テレワークで働く人がお互いのほど良い距離感でコミュニケーションを図れることが
テレワークが定着するための鍵であると考えています。

ATREEは2022年4月の製品版リリースを目指して、鋭意開発中です。
β版でのモニター企業も募集しておりますので、ご興味がありましたら気軽にお問合せください。

CONTACT

お問い合わせ

案件のご相談、見積りのご依頼は
お問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。